ヘモグロビンa1cが高いといわれたら、過去数か月の生活習慣を見直そう

HOME>オススメ情報>その場の血糖だけでは判断できない、検査で糖尿病のリスクを検証

糖尿病の標準検査って何か

女性

自分の生活習慣を振り返ってみると、これまで不摂生が多く食生活が乱れていたなということはありませんか。そのようなときに一番気になるのが、生活習慣病である糖尿病かもしれません。糖尿病かどうかを判断する時には、血糖値を測ればよいと思いがちですが、血糖値は一時的なものであるため、それだけで判断することはできません。本来は、数か月の血糖値を反映して知ることのできる項目を検査するべきなのです。その検査がヘモグロビンa1cです。この検査は採血をして調べることのできる検査。また健康診断でこの項目を調べるところもあれば、糖尿病の疑いがなければ調べないところもあります。そのためできればヘモグロビンa1cをチェックしてくれるところを選んで検診を受けるといいでしょう。

調べたところで何がわかるの

血管

ヘモグロビンa1cを調べたところで何がわかるのか。実は、これまでの生活習慣の不摂生を知ることができます。とはいってもこれまで全部のことがわかるわけではありません。ヘモグロビンa1cは過去3か月程度の食生活を反映するといわれているので、直近3か月程度の食生活の不摂生を知ることができるのです。健康診断を受ける時に、採血があるから前の日に気を付けよう、この一週間気を付けようと心掛けても、ヘモグロビンa1cだけはごまかすことはできません。

一度だけの以上でも判断は難しい

血液

ヘモグロビンa1cをチェックするのは、生活習慣病である糖尿病を判断するとき。しかし一度だけの検査の以上では、まだまだ診断はつきません。生活習慣病という名前の通り、糖尿病はこれまでの食生活などを反映して起こることが多く、この検査をきっかけに食生活を見直す良いチャンスにはなります。しかしながら、一度だけ異常が出た場合でも、生活習慣を改めれば、次は異常ではない場合もあるのです。そのため長い目で経過を見ていく必要があります。